受験生の日常をつらつらと綴るブログ。心機一転ぼちぼち更新してきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科別アプローチ2~英語その2~
では昨日の続きを。

まずは
東大受験生ブログランキング

クリックよろしく♪
◆大問2A…英作(Summary) B…英作(描写)

いずれも自由英作文という名のもとの半自由英作文です。わけわかんないけど、とにかく自由と思わせつつも書くことは限定されています。
Aの方では言うなれば「和文要約英訳」です。教師と生徒の会話の情報をピックアップして書いていけばいいんだけども、何気に情報の取捨選択が難しかったり。
Bは「情景描写英作」とでもいいましょうか、とりあえずイラストを見てそれを説明するわけです。ここはそこそこのオリジナリティも発揮できますが、あくまでも英作文の能力を問う問題だということを忘れてはならずパパっと仕上げるのが得策かと。

あくまで上の奴は昨年度の例をもとに書いています。過去問としては普通に自分の意見を述べるものや、空欄補充の自由英作文なども出題されています。

対策に適した本は東進ブックスから出ている宮崎尊先生の自由英作文編だと思います。英文には特有の型があるためそれを無視して書くと点数が得られない可能性もあると思うので、一読しておくと非常にいい本だと思います。
ただし俺は持っているだけですw

◆大問3 …聞き取り問題
東大はなぜかリスニングとは言わず「聞き取り試験」といっています。しかも東大の教官の人も言ってましたwリスニングと呼ばない理由が何かあるんでしょうかね?
とりあえずリスニングと呼んで置くことにしましょう。
昨年はPartAからPartCの三つのセクションに分けられて、出題されています。PartAは何らかの文章が読まれてその内容を聞く問題、PartBとPartCが会話・議論の聞き取りです。
とりあえず文章流れる時間が長い。俺自身はまずこの長さに免疫をつけることから始めました。それに慣れれば、そこまで難解な文章でもないし、スピードもそこまで速いものではないので比較的楽でしょう。しかし選択肢をしっかり読んでおかないと悲惨なことになることは請け合いなのでリスニングがはじまる前には全部目を通して、答えの目星とかスクリプトがどんな内容かの勘を働かせるといいと思います。俺は東大実戦で何個か勘でスクリプトが流れる前に予想しましたがことごとく外れました。しかし極めると当たるらしいですwすご。

あと、ディクテーション(書き取り)が部分的に出題されてもいます。

対策本は「灘高キムタツリスニング」ですね。めちゃめちゃおススメです。東大リスニングの訓練に最適。しかしこれがきつい人はセンター試験用のリスニング本やらニュース英語の本やらをおススメします。スクリプトも短いため非常に気楽に取り組めますしね。俺の場合はニュース英語である程度の速さに慣れてから、長いスクリプトになれるようにキムタツ師の本に移行しました。
とりあえず英作文とリスニングができないと絶対に受かりません。この二つで東大英語の約半分の配点があると考えてよいでしょうし。


とりあえず一番気が抜けないのはこの大問2つですね。しかも安定しやすい。

リスニング毎日やらなきゃ!!!><

あ、こんなエラそうなこと言ってるけど

俺 全 然 英 語 で き ま せ ん か ら !
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 血路を開け!~受験生日記~. all rights reserved.

カスタマイズ:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。