受験生の日常をつらつらと綴るブログ。心機一転ぼちぼち更新してきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科別アプローチ~その3~
更新と滞ってすみません(>人<)

今日は
大問4A…文法問題 B…和訳
大問5 …長文総合
について書きます♪

ランキングクリックお願いします♪
◆大問4A…文法問題
近年は5問出題されて、だいたい正誤問題です。余計な単語が入っているパターン。まぁおそらく総合的文法力と読解力が試されるのでこのパターンで来年も来るでしょう。
といっても1問1点の配点で5点なので、一読してさっさと次に進めるほうが得策です。というかこんなんに15分もかけるんだったら要約とかもう一回読んだほうがいいと思います。どうせ他の受験生もできてない(という噂。平均はやはり低いらしいです)ので3問わかったらラッキー程度の気持ちで乗り切ったほうがいいんじゃないかなと個人的には思います。
なんだかんだで語法と読解力が試されてますよねこの問題。前から意味をとらえるのに慣れていれば、なぜか主語がないとか動詞が二つあるとか気づきやすい。俺はたいていわかるときは一読してわかってわかんないときは大体目星そうなところを読み返します。

対策としては河合塾から出ている「正誤問題」がいいと思います。この問題集、割と難。


◆大問4AB…和訳
和訳といってもこれはいわば日本語運用能力の問題といってもいいと思います。文構造は簡単。あえていえば多少のイディオムが聞かれるときもあるけれど、はっきりいってそんなの東大受験生なら知ってる。何が問題かというとこなれた日本語にすること。直訳してこの大学が点数くれると思いますか?(古文とかがその例ですよね)
正直この和訳に関しては予備校の模試の採点はあてにならないと思います。部分点的には採点しないだろうし。いかに自然な日本語にするか、それが問題ですね。これは本当に訓練が必要。だから難しい。あとちょっとのところで点数ひかれてしまう問題だと思います。

対策はキムタツリーディング。


◆大問5 …長文総合
東大英語の中で最も易な気がします長文。記号問題は落としたくないところ。しかし本当に内容理解とか情報整理を問う問題、文法知識を問う問題と内容は多岐に渡るため、総合的実力が試されているでしょう。昨年度の登場事物の年齢を問う問題にはびっくり。あとここの和訳も、省略されまくってたり、慣用的表現だったりとなかなか難しい。配点低いから0点とかもありえますよね…。懸念事項は最近長文化してきていること。15分くらいで終わらせたいけど…頑張りましょう♪

対策は同じくキムタツリーディング。ただし総合的なので、日頃の学習がもっとも響くんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 血路を開け!~受験生日記~. all rights reserved.

カスタマイズ:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。