受験生の日常をつらつらと綴るブログ。心機一転ぼちぼち更新してきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプローチ~東大化学~
今日は東大化学について。
概観してみると
第一問…理論化学
第二問…無機(with理論)
第三問…有機化学

とまんべんなく出題され、具体的対策は確かに立てにくいです。しかし、有機はパターン、理論には頻出出題分野があるため、おおざっぱに対策は立てられそうです。

概して、新出の実験装置を用いた問題(といっても勿論既得知識の応用)がでやすいと言えます。あるいは未知物質の反応。マラカイトとかがその類。だから東大化学に挑戦するのに必須なのは化学式を書く能力。やみくもに書くのでなく、反応理論(弱酸遊離とか酸化還元だとか)を意識していないと若干きつい。ここらへんは過去問をとくといいですよね。後期の問題とかはホントにその能力や思考力が必要なのでオススメ。普通に書けないのとかあるし(笑)

今日はここまで
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 血路を開け!~受験生日記~. all rights reserved.

カスタマイズ:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。